注目キーワード
  1. LiDAR
  2. 3D
  3. GIS

3次元計測

地上から、空から、宇宙から。
高精細スキャンで、ありのまま立体的にデータ化。

ひとが近寄れる場所や直接触れられるモノは、ひとの手やUAV(ドローンなど小型無人航空機:Unmanned Aerial Vehicle)で、近寄れない場所やモノにはUAVや人工衛星を用い、地上にある「見えるもの」すべてのデータをUAVレーザー(LiDAR)による高精細スキャンで三次元計測します。

たとえ植生などの影響で「見えない」部分でも、計測データから情報を拾い出し、どんな場所でもありのままの状態を立体的にデータ化できます。

私たちは、地上(ひと)、空(UAV)、宇宙(衛星)すべての技術を備え、最適なスケールで三次元計測を実現できる会社です。

関連する内容

衛星リモートセンシング
全世界をカバーする高精細な三次元データ(AW3D®)と衛星画像の提供を行います。
活用例:農業における生育度把握、植生回復モニタリング、崩落箇所の抽出
UAVにレーザースキャナーを搭載することによって、通常のUAV写真測量では計測できなかった植生下の地形データや植生の階層構造や植被率を計測します。また、弊社のレーザースキャナーは、ドローンをはじめVTOL(垂直離着陸機)、車両、バックパックなどにも搭載できるため、マルチな場面・用途にご利用いただけます。
活用例:森林資源量、発電所開発予定地の地形測量、災害現場の土砂堆積量・地形測量、送電線周辺の植生管理
SCANFLY 製品
簡単な接続・設定・操作性を備えたマルチプラットフォームのレーザー測量機「SCANFLY」(イタリア3DTarget社)の販売を行っています。LITE、HD2、ULTRAの3種類のモデルがあり、目的や用途に合わせて最大のパフォーマンスを発揮するように設計されていますが、1つのモデルでも、UAV、MMS、Backpackの3つのシーンで活用できます。
写真測量
空中写真からi-Constructionに準じた三次元データや高精細なオルソ画像を作成し、その結果をプロジェクトにに活かすためのサポートまで行います。
活用例:i-Constructionに準じた起工測量・出来形測量、高精細なオルソ画像によるマッピング、圃場計画ごとの植物の生育情報の把握、二次期の画像を使った様々な変化抽出

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせなどは下記の番号までお願いいたします。

011-206-9947
受付時間:平日の 9:00~17:00 土・日・祝日は除く

メールでのお問い合わせ

ご意見・ご質問などがございましたら、こちらのフォームをご利用ください。皆様からのご連絡をお待ちしております。

必須お名前
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容
個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。

CTR IMG

3DT scanfly series

低価格 & 軽量 & 高性能なLiDAR システム

UAVだけでなく、車両、歩行者のような複数のプラットホームのために設計されています。
1つの機材でUAV、バックパック、MMS(モバイルマッピングシステム)と計測シーンに応じた利用が可能です。