注目キーワード
  1. LiDAR
  2. 3D
  3. GIS

測量

自社測量士による精密な計測を元に、
その土地の地図作成・編集(マッピング)を行います。

私たちは、自社の測量士によって、クライアント・ニーズに適い〝現場の即戦力になる使えるデータ〟をご提供しています。

都市や道路、河川工事などの建設計画に利用する目的では、地上測量やレーザー測量、写真測量などによって土地の起伏・長さ・広さなどを正確に測り、そのデータを元にニーズに合わせた地図作成(マッピング)を実施。

「基準点測量」、「水準測量」、「地形測量」を行い、道路・鉄道などの交通路の工事、上下水道、かんがい、用排水路などの水路を計画設計するためには「応用測量(路線測量、用地測量、河川測量)」といった地上測量を実施します。

また、レーザー測量、写真測量による数値地形図作成および地図編集も手がけています。

関連する内容

UAVにレーザースキャナーを搭載することによって、通常のUAV写真測量では計測できなかった植生下の地形データを計測します。取得した地形データから二次元、三次元の平面図や縦断図、横断図を作成します。
活用例:河川横断の河床地形データとUAVレーザー測量地形データの統合、災害復旧の平面図、海岸の防波堤の縦横断図、開発時の設計図面
UAV写真測量
空中写真からi-Constructionに準じた三次元データや高精細なオルソ画像を作成し、その結果をプロジェクトに活かすためのサポートまでを行います。
活用例:i-Constructionに準じた三次元点群データの取得、取得した三次元点群データから二次元・三次元の平面図や縦断図・横断図・帳票の作成

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせなどは下記の番号までお願いいたします。

011-206-9947
受付時間:平日の 9:00~17:00 土・日・祝祭日は除く

メールでのお問い合わせ

ご意見・ご質問などがございましたら、こちらのフォームをご利用ください。皆様からのご連絡をお待ちしております。

必須お名前
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容
個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。

CTR IMG

3DT scanfly series

低価格 & 軽量 & 高性能なLiDAR システム

UAVだけでなく、車両、歩行者のような複数のプラットホームのために設計されています。
1つの機材でUAV、バックパック、MMS(モバイルマッピングシステム)と計測シーンに応じた利用が可能です。