注目キーワード
  1. LiDAR
  2. 3D
  3. GIS

災害現場・危険区域での計測

私たちは、2017年から3年間に渡り、北は北海道から南は九州まで、日本国内におけるUAVレーザー(LiDAR)での「三次元計測」の研究を行なってきました。その結果、LiDARで計測したデータは精度が高いだけでなく、緊急時や災害時には最も重要なデータセットになるという確信を得るに至りました。

そこで、災害現場・危険区域において「私たちができること」と「私たちと一緒に仕事をするメリット」について、ここでご紹介します。

1.迅速な調査

UAVパイロットやデータ解析スタッフには、現場経験が豊富なプロフェッショナルを揃えています。

  • 危険区域で作業する際の注意点を把握しているので、安全に留意しながら「早く」「正確で」「安全に」測量作業を行えます。
  • ご要望に応じて、レーザー測量、写真測量を承ります。
  • ドローンだけでなくVTOLも所有しているため、調査範囲や内容によって使い分けることができます。

2.正確なデータ

私たちがご提供できるデータは、以下のラインナップです。

  • 点群データ(オリジナル、地上、樹木・建物・電柱・ケーブルなどの分類されたデータセット)
  • CAD(平面図、縦・横断図)
  • 等高線
  • 標高データモデル(DEM、DSM)
  • マルチスペクトル画像+LiDARなどの混合セット

3.変化検出分析

  • 水害や地震などによる被災前後の調査・分析も可能です。
  • 時系列データは、現在の状況を把握し、過去の状況と比較することで問題を迅速に解決することができます。

4.洪水浸水モデル解析のお手伝い

近年、日本では洪水の頻度と深刻度が増しています。そのため、洪水の可能性がある地域を正確に特定することが必要であり、その作業に多くの時間とエネルギーを費やさねばなりません。

しかし、LiDARデータを利用すれば、それまで費やしていた労力を大幅に削減することが可能です。

私たちは、お客様のニーズに合わせ、そのようなLiDARデータを適切な形式で提供することができます。

5.GIS・CAD形式でのデータ提供

LiDARデータは多くの分野で最高の生データセットですが、活用のために必要なハードウェアやソフトウェアをお持ちでない企業様もいらっしゃると思います。

そこで私たちはお客様のご要望に合わせて、シェイプファイルやラスターデータなどのGIS形式データ、DWGなどのCAD形式データなど、幅広く対応いたします。

6.安全なフライト、正確なデータ、納期を保証するために

  • 経験豊富なプロのパイロットによる安全なフライトを保証します。
  • 所有しているドローンとVTOLは定期的に点検・整備し常にベストな状態を維持しています。
  • 安全ガイドラインに沿って作業を行ないます。

3Dデータサンプル

Potreeでの点群データの閲覧には WebGL に対応したブラウザと OpenGL 2.0 以上に対応したビデオカードが必要です。点群データが表示されない場合はお使いの環境をご確認ください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせなどは下記の番号までお願いいたします。

011-206-9947
受付時間:平日の 9:00~17:00 土・日・祝日は除く

メールでのお問い合わせ

ご意見・ご質問などがございましたら、こちらのフォームをご利用ください。皆様からのご連絡をお待ちしております。

必須お名前
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容
個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。