注目キーワード
  1. LiDAR
  2. 3D
  3. GIS

レーダー調査

暗闇や海上で、ひとの目では捉えられない
鳥獣たちの動きを捉え、把握します。

ひとの目視では捉えられない夜間や、正確な位置の把握が困難な海上での飛翔性動物の調査には、船舶レーダーを用いたレーダー調査をご提案しています。

風力発電事業や空港の建設・拡張事業においては、バード(鳥類)ストライク、バット(コウモリ)ストライクの影響を評価する必要があります。

目視観察、標識調査、衛星追跡調査などが行われますが、暗闇や悪天候時(霧など)には、奥行きの分かりにくい海上で飛翔ルートを正確にとらえるには限界があるため、船舶レーダー調査が最も有効な手段と考えています。

鳥類など飛翔性動物からのレーダー波の反射を捉えることで、飛翔経路(水平方向運用時)、飛翔高度(垂直方向運用時)を調査することが可能です。

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせなどは下記の番号までお願いいたします。

011-206-9947
受付時間:平日の 9:00~17:00 土・日・祝祭日は除く

メールでのお問い合わせ

ご意見・ご質問などがございましたら、こちらのフォームをご利用ください。皆様からのご連絡をお待ちしております。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須お問い合わせ内容
    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。