Home >  業務紹介 >  環境情報処理
環境情報処理

FRSでは現場調査(野生動植物等)から取得したデータの情報処理まで行っています。

GPSによる正確な位置データを取得、空中写真、航空写真、その他様々なGISデータから情報を集積し、空間的な解析・処理を行うことによって、新たな情報の発見へ

希少動植物等の調査結果をGISデータにし、様々な形式の図面を作成するだけでなく、その先の空間解析までサポートしています。

写真のない一部地域では、UAVによる撮影、簡易オルソすることで詳細な写真を取得できます。さらに、デジタルステレオ実態視による写真判読から詳細な植生図を作成します。

 

環境情報処理の業務例

GISによる環境情報の整理および作成

例えば、猛禽類飛翔図作成。希少猛禽類の飛翔軌跡をトレースし、行動パターンと結合することで、作図するだけでなくメッシュ解析等を行なっています。

 

植生図作成

オルソ化された空中写真、高解像度衛星写真から植生図を作成、現地GPSデータ(Grand Truth)との比較から高精度の植生図を作成しています。

 

デジタルステレオ実体視による写真判読・GISデータ作成

空中写真を利用した ” デジタルステレオ実体視 ” による写真判読からの植生図を作成しています。
※写真等がない一部地域ではUAVによる撮影、簡易オルソをすることで詳細な写真を取得可能

 

野生生物空間解析

GPSによる位置情報等と地形、植生データ等の様々な情報から空間的な解析を行なっています。

 

その他

その他実務作業に係るGISの技術支援等、河川水辺の国勢調査システムデータ変換を行なっています。

- 2次元から3次元へ -

2次元画像

3次元画像

 

ページトップへ