サービス内容

弊社サービスをご紹介いたします。

動植物調査

自然環境調査

その地域の動植物相や生態・生息環境などを把握するため、最適な手法で調査を行っています。また、河川水辺の国勢調査およびそれに準拠した調査も行います。

環境アセスメント(生物環境)

道路やダム事業など、環境に著しい影響をおよぼす行為について、事前に十分に調査し、予測・評価を行います。

自然環境保全・復元

動植物の生息・生育環境の保全や、対策の提案や、学校教育の場としてのビオトープ創出などをサポートします。

(続きを読む…)

GIS

FRSでは現場調査(野生動植物等)から取得したデータの情報処理まで行っています。

GPSによる正確な位置データを取得、空中写真、航空写真、その他様々なGISデータから情報を集積し、空間的な解析・処理を行うことによって、新たな情報の発見へ

希少動植物等の調査結果をGISデータにし、様々な形式の図面を作成するだけでなく、その先の空間解析までサポートしています。

写真のない一部地域では、ドローンによる撮影、簡易オルソすることで詳細な写真を取得できます。さらに、デジタルステレオ実態視による写真判読から詳細な植生図を作成します。

(続きを読む…)

レーダー

風力発電事業や空港建設・拡張事業においては、バードストライクを軽減するためのアセスメントが不可欠であり、目視観察、標識調査、衛星追跡調査などによる鳥類調査が行われます。

その際、目視では夜間や霧の出ている日の観察が難しく、海上では正確な飛翔位置の把握が困難です。また衛星追跡に用いる送信機は大型の鳥でないと付けられず、群れの動きまではわかりません。

このような問題を解決する方法の一つとして、弊社では船舶レーダーを用いた調査をご提案しています。

(続きを読む…)

UAVレーザ

UAV( Unmanned Aerial Vehicle:小型の無人航空機 )に小型レーザスキャナーを搭載し3次元データを取得します。仕組は航空レーザ測量と同じで「レーザスキャナー」「GNSS」「IMU」の技術を使います。

航空レーザ測量や写真測量では計測困難であった場所、人の立ち入れない場所などにおいて、詳細な3次元データを短時間に容易に計測することが可能です。

また、国土交通省の推進する i-Construction 。国土地理院による「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」に準じた撮影にも力をいれています。

(続きを読む…)

ドローン

小型の無人航空機( UAV:Unmanned Aerial Vehicle 通称 ドローン )を利用した、安価で高画質・高解像度の航空写真・動画撮影を行なっています。

当社では特に自然環境調査や環境教育分野でのドローン活用に力を入れています。

(続きを読む…)

環境教育

「誰もが夢中になれる環境授業を・・・」

そんな思いから、2013年よりFRSは環境教育事業を始めています。野外観察会やエコツーリズムの実施、環境教育用教材、資料の作成・開発、講師派遣などを行なっています。

お客様のニーズに基づいて、自然を五感で感じ、楽しく学べる教育プログラムを企画・ご提案いたします。

(続きを読む…)