Home >  業務紹介 >  空中写真撮影 >  i-Construction
i-Construction

i-Construction への取り組み

現在、国土交通省では、従来のCIM注1やICT注2を用いた情報化施工、3D計測などの技術を活用し、建設事業の生産性向上を図ろうとする取り組みとして「i-Construction」を進めています。

注1 CIM(Construction Information Modeling):計画・調査・設計・施工・維持管理の各段階において3次元モデルを導入・活用させることに加え、事業関係者間で情報を共有することにより、建設業務の効率化を図ろうとする取り組みのこと

注2 ICT(Information and Communication Technology):IT(Information Technology)という技術を様々な分野で利活用するための“方法”まで考慮した総称のこと

ICT技術の全面的な活用(土工)

ICT技術の全面的な活用(土木)説明図

弊社では、UAVによる写真測量から「i-Construction」の基準に準拠した3次元測量結果(上図「①測量~ドローン等による3次元測量」部分)をご提供いたします。ご提供内容は以下のプランからお選びいただけます。

プラン紹介

撮影プラン(i-construction)

プラン1

撮影および測量成果の納品
(上図:①+③+④+⑤)
適応事例 金額
弊社 ①撮影計画(対空標識の設置案を含む)
③撮影
④3次元点群復元
⑤測量成果の納品
550,000円
貴社 ②対空標識の測量
測量成果の受領

プラン2

撮影から測量成果の納品
(上図:①+②+③+④+⑤)
適応事例 金額
弊社 ①撮影計画
②対空標識の設置・測量
③撮影
④3次元点群復元
⑤測量成果の納品
お問合せください
貴社 測量成果の受領

上記サービスについて詳しく知りたい、ご質問・ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

i-Constractionについてのお問い合わせ

UAV安全運用への取り組み

UAVは安価な機体の登場により、専門的な技術を必要とせずに機体の業務が可能となりました。一方で、その容易さから墜落事故や人との接触事
故が懸念されています。弊社ではUAVの安全運用体制を整えており、2013年の導入当初から無事故での運用を継続しています。

【安全運用への取り組み】

1.社内安全運用規定

  • 定期的なトレーニングやメンテナンス
  • 撮影前後のメンテナンス
  • 妨害電波・混線の監視
  • 飛行可能な天候の規定

2.国土交通省の申請取得(DID地区での飛行可能)

3.緊急時マニュアル

4.保険の加入(対人対物5億円まで保証)

UAVの活用事例

準備中です。もうしばらくお待ちください。申し訳ございません

所有機体

EGL-MKシリーズ

EGL-MK4

1機

EGL-MKシリーズ

EGL-MK6

2機

EGL-MKシリーズ

EGL-MK8

1機

所有カメラ

撮影に必要な解像度・要求精度に応じて、以下のカメラ(日本測量協会によるカメラキャリブレーション検査済み)を選択可能です。

SONY α7
SONY α7
RICOH GR
RICOH GR
 

上記サービスについて詳しく知りたい、ご質問・ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

i-Constractionについてのお問い合わせ

ページトップへ